Month:06.24
中高年に多い病気

中高年とは何歳からという事はないのですが、一般的には40歳以上の人の事日本では呼んだりしています。
やはり40歳を超えてくると色々と体のあちこちに不調を感じやすくなるのかもしれません。
生活習慣病にもかかりやすくなるため基礎ドックや人間ドック、脳ドックなどを定期的に受けておくと何かあった際にも早めの対処ができるとで安心です。
現代では男女ともに30歳はとても働き盛りのです。
会社などの社会生活で心身ともにストレス社会とも言われているので少なくとも40代に入るころには30代前半よりも病気になりやすい体になっているのかもしれません。
胃腸の病気や癌などは常に病気のトップにはいますが、現代の中高年に多い病気の中でとても現代っぽくもあり深刻なのがうつ病です。
社会生活の中で人がうつになるタイミングなど誰にもわからないのです。
それは人によって嫌な事が好きなことが違うからです。
中高年にもなると色々な経験を積んできます。
会社の中では責任ある仕事を任されたプレッシャーからうつになる人もいれば、責任ある仕事を後輩などにとられて自分の意味がわからなくなりうつになる人もいます。
家庭生活の中では失恋や身近な人の死や子供の独立や配偶者の退職などが引き金になることもあるようです。
何が自分のストレス解消法なのかとか自分事をよく知っておくのはとても大切な事なのです。

Month:06.16
EDの原因となる疾患

男性にとってEDになることは、充実した性生活を送るためには、重要な問題になってきますし、自信喪失になる可能性もあるのです。
そこでEDになってしまう原因なのですが、ストレスなどもあるのですが、実は病気もそのきっかけになるのです。
EDの原因となる疾患としては、高血圧を伴うものが多くあります。
高血圧自体はもちろんそうなのですが、心筋梗塞や狭心症、不整脈といった心臓に関する病気がそれに該当しますし、動脈硬化も含まれます。
これら心臓や血管に関する病気は、前身に血を届ける機能に直結するものですので、当然ながら勃起するメカニズムにも、影響を与えてしまうのです。
同じく血管に影響してしまうものとして、糖尿病もあります。
これは動脈硬化を引き起こすことに起因するのですが、糖尿病の症状の中に、神経の働きを鈍らせるというものがあり、これが勃起させる脳からの指示を妨げることがあるのです。
またこれらの症状の治療に使われる薬に血圧降下剤があるのですが、それが起因して勃起不全になるケースもあります。
このようにEDの原因となる疾患は多く存在しますので、いつまでも現役でいたいと願うのであれば、日ごろの健康管理も必要ということになるのです。