Month:10.15
大動脈弁狭窄症にレビトラ服用に代わりトナカイの角

レビトラはED治療薬の一種で、比較的に副作用も少なく食事の影響を受けにくい特徴があることで、空腹時だけでなく食後でも性交渉前に服用することが出来る薬です。そして薬の効果についても効き目が早く、しかも長時間作用し続けることでED治療薬の中でも選択されることが多かったりします。

実際の即効性については、服用して15分~30分程度で効き始め、3~4時間も効果が継続し続けます。糖尿病患者や前立腺のガン手術を行なったことでEDを治すのが難しい症状を抱えている方でも安心して服用することも出来ます。

なお注意点としては、レビトラには血管拡張作用が存在するため、血圧の降下を引き起こします。そのため、心臓にも負担が生じる可能性もあることで心血管系の状態によっては、レビトラの服用で直接的に影響を受ける場合があります。

特に大動脈弁狭窄症という症状を抱えている人にとっては、血圧が低下している中で、さらにレビトラを服用することで血圧が低下するという影響を受ける可能性が高く、注意を払う必要があります。そのため心血管系の状態に不安がある場合は、レビトラの服用を検討する場合、医師の処方を受けてから服用することは望ましいです。

なお大動脈弁狭窄症を始めとする心血系の症状を持たれている方では、レビトラに代わる漢方系のトナカイの角を服用する方法もあります。トナカイの角は漢方ではろくじょうとも呼ばれており、古くから滋養強壮を促す健康食品として服用されてきました。

そして勃起不全の解消にも効果があり、性機能の改善にも効果がある精力剤としての機能もあります。即効性ではレビトラに叶わないですが、常日頃からサプリとしてトナカイの角を服用することで、性機能を改善させていく方法もあります。